ご案内

 

ごあいさつ

代々農業を営んでいましたが、将来に渡り安定生産、安定経営を行うために平成26年3月、法人化いたしました。

良質で安全な食量生産に努力してまいります。

どうぞご利用よろしくお願いいたします。

          株式会社 Farm 常念 

             代表 幅谷 倉夫


くらお米(コシヒカリ)のご紹介


私の農園(Farm常念)で栽培した ”くらお米(コシヒカリ)”を紹介いたします。

ここ米どころ長野県安曇野市の烏川水系で育ちましたコシヒカリです。 清冽な水と昼夜の寒暖の差が大きいこの地(標高650m)では良質のお米が育ちます。 Farm常念では 有機栽培・低農薬で安全安心のお米を提案します。また、すべての圃場で疎植栽培を行い、稲1株毎に十分な太陽の恵みを届け、量よりも質を高めたお米となっております。

Farm常念の中で選び抜いた圃場で栽培したお米をくらお米と命名しています。

くらお米はすべて1等米です。

一例)H27年度産米の食味評価はJAあづみ全体で87位/2800件中という結果となりました。

★くらお米の栽培特徴★

●減農薬・・・除草剤は標準使用量の1/3 。  
殺虫剤と殺菌剤は使用しません。
稲わらと鶏糞中心のこだわった肥料設計(側条施肥を併用)です。
疎植栽培(慣行栽培の70%密度)にて太陽を稲株毎に十分行き渡らせます。
気候変動に強い良質なお米が育ちます。
稲種はコシヒカリです。


そば(信濃1号)のご紹介


信州は蕎麦の産地として知れわたっております。戦後食料難で米の増産のため水田が急増しましたが、近年国内産の蕎麦の需要が高まり、水田地でそばの栽培を行っております。秋蒔きの良質そばを完全有機栽培(無農薬、無化学肥料)で生産し、胚芽含有の独自石臼製粉したそば粉です。